新庄日本ハムが奇跡のドロー!満塁弾返し浴びても最終回に同点&負けなかった

[ 2024年6月21日 22:24 ]

パ・リーグ   日本ハム9―9楽天 ( 2024年6月21日    エスコンF )

<日・楽(8)>7回、満塁弾を放ったレイエスを出迎えるベンチの選手ら(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムが劇的な展開となった試合をドローに持ち込んだ。

 8―9の9回2死二塁から水谷の適時三塁打で同点とし、延長戦の末、引き分けに持ち込んだ。

 2―3の7回、2死一、三塁から清宮の適時二塁打で勝ち越すと、2死満塁からレイエスが右越え3号満塁弾で突き放した。

 この回一挙6点を挙げて逆転に成功した。

 ところが8回2死満塁からザバラがフランコに左越え3号満塁弾を浴びた。

 両軍に満塁弾が出るのは史上17度目。2本とも外国人が放つのは史上初だった。

 さらに代打・阿部に同点ソロを許して再び追いつかれていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月21日のニュース