阪神が交流戦ラストに続き、リーグ再開初戦もサヨナラ勝ち

[ 2024年6月21日 21:07 ]

セ・リーグ   阪神1-0DeNA ( 2024年6月21日    甲子園 )

<神・D>サヨナラ勝利し、歓喜に沸く阪神ナイン(撮影・須田 麻祐子)
Photo By スポニチ

 阪神はリーグ戦再開の初戦でDeNAを下した。交流戦最終試合の18日、日本ハム戦(甲子園)に続いてサヨナラ勝利だった。

 両チーム無得点の9回に内野安打と四球で2死一、二塁から小幡の右前打で二走・植田が生還した。

 先発マウンドに上がった西勇は7回6安打無失点。この試合までに、あと1イニングとしていた通算2000投球回を達成した。プロ野球94人目。8回から桐敷、漆原、石井のリレーで打線の援護を待った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月21日のニュース