中日・高橋宏と広島・床田の息詰まる投手戦 虎の子の1点は中日・カリステ、3回に6号ソロ

[ 2024年6月21日 23:12 ]

セ・リーグ   中日1-0広島 ( 2024年6月21日    バンテリンD )

<中・広>3回、カリステ(右)は先制ソロを放ち、ベンチのナインとハイタッチ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 虎の子の1点を叩き出したのは中日の助っ人・カリステだった。

 均衡を破った一発は3回無死。広島先発・床田が投じた2球目のツーシームが甘く入ったのを逃さなかった。力強く振り抜いて左翼へ先制の6号ソロ。

 「打てる球をしっかりと打って、本塁打になって良かった」と破顔一笑だ。

 ドミニカ共和国出身で来日2年目の32歳。内外野を守れるユーティリティー選手としてチームを支えており「持ち味を生かして勝利に貢献できるように」。早くも昨季の5本塁打を上回るアーチを描くなど打撃が好調だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月21日のニュース