ドジャース大谷翔平 1試合2発に現地実況が興奮!「生まれ持ったもの違う」「またやってくれた!」

[ 2024年6月17日 10:35 ]

インターリーグ   ドジャース3-0ロイヤルズ ( 2024年6月16日    ロサンゼルス )

<ドジャース・ロイヤルズ>3回の第2打席で18号ソロを放つ大谷翔平(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 ドジャースの大谷翔平投手(29)が16日(日本時間17日)、本拠でのロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場。今季2度目の1試合2本塁打を放ち、チームの勝利に貢献した。

 3回1死の第2打席は相手先発・シンガーの真ん中付近に来たシンカーを完璧に捉え、中堅左へ18号ソロ。4試合ぶりの一発は飛距離451フィート(約137・5メートル)を計測する特大アーチとなった。

 この日、地元メディア「スポーツネットLA」が試合を中継。大谷の18号に、実況のステファン・ネルソン氏は「左中間にボールが飛んでいく…オオタニが打ったー!」と興奮気味に叫んだ。続けて「この男はやっぱり、生まれ持ったものが違う」と大絶賛。

 さらにこの後、6回には先頭で右越えソロ。シンガーの初球スライダーを捉え、圧巻の2打席連発で本拠ファンを沸かせた。1試合2本塁打は5月5日(同6日)のブレーブス戦以来、今季2度目となった。

 この19号にはネルソン氏は「大谷がまたやってくれた!」と実況。続けて「ドジャースの攻撃陣が2本のホームランに頼りっきりになるのは避けたいが、たまにホームランを打ちたいのであれば、それはそれで構わない」と大谷の2発をユニークに祝福した。

 続くフリーマンにも10号ソロが飛び出し「Back to back!(2者連続ホームラン!)」と絶叫。チームは一発攻勢でロイヤルズに快勝した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月17日のニュース