履正社2年連続ノーシードVへ「夏やり返すだけ」春は大院大高にサヨナラ敗戦、雪辱へ自信あり

[ 2024年6月17日 20:00 ]

組み合わせ抽選会を終えた履正社の村田主将
Photo By スポニチ

 第106回全国高校野球選手権(8月7日開幕、甲子園)の大阪大会の組み合わせ抽選会が17日、大阪市内のホテルで行われた。

 昨年王者の履正社は、春季大会4回戦で大院大高にサヨナラ負けし、2年連続でノーシードでの出場となる。

 初戦は豊中―開明の勝者と対戦。主将の村田駿(3年)は「去年もノーシードから優勝した。春に負けた悔しい思いを持って練習してきました。秋、春と主将をしてきて、チームはレベルアップしていると感じています。自信を持って戦えるのではないかと思います」と決意を新たにした。

 春季大会で敗れた大院大高は、大阪桐蔭にも勝利するなど大阪大会を優勝した。「悔しかったけど、夏にやり返すだけ。どこが相手でも同じなので、強い気持ちで戦いたいです」と2年連続の夏の甲子園出場を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月17日のニュース