大谷翔平 IL入り山本由伸、死球のベッツにエール「早く戻ってこれるように」「皆でカバー」

[ 2024年6月17日 07:31 ]

インターリーグ   ドジャース3-0ロイヤルズ ( 2024年6月16日    ロサンゼルス )

<ドジャース・ロイヤルズ>3回に先制の18号ソロを放ち、チームメートとハイタッチする大谷翔平(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 ドジャースの大谷翔平投手(29)が16日(日本時間17日)、本拠でのロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場。今季2度目の1試合2本塁打を放ち、チームの勝利に貢献した。

 初回1死の第1打席は四球を選んで出塁。3回1死の第2打席は相手先発・シンガーの真ん中付近に来たシンカーを完璧に捉え、中堅左で18号ソロ。4試合ぶりの一発は飛距離451フィート(約137・5メートル)を計測する特大アーチとなった。

 これだけにとどまらず、6回には先頭で右越えソロ。シンガーの初球スライダーを捉え、圧巻の2打席連発で本拠ファンを沸かせた。7回の第4打席は中飛だった。

 1試合2本塁打は5月5日(同6日)のブレーブス戦以来、今季2度目となった。

 試合後、インタビューに応じた大谷は山本由伸の離脱やこの日、死球を受けて負傷交代となったベッツに言及。「少しチームにとってタフな瞬間がちょっと続いてますけど、なんとか皆でカバーできるように頑張りたい。早く戻ってこれるように祈ってます」と両者の早期回復を願った。

 山本は前日15日(同16日)の同戦で先発も右上腕三頭筋の張りのため、2回で緊急降板。この日、負傷者リスト(IL)入りした。

 また、ベッツはこの日の7回の第4打席で左手に死球を受け、負傷交代。痛みのあまり、グラウンドに倒れ込んで悶絶する姿を次打者・大谷も心配そうに見つめた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月17日のニュース