交流戦MVP候補 楽天・小郷、藤井、ソフトバンク・近藤ら

[ 2024年6月17日 05:30 ]

交流戦   楽天5―3広島 ( 2024年6月16日    楽天モバイル )

<楽・広>2回、小郷が強烈な打球の一ゴロを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 18日に阪神―日本ハム戦(甲子園)を1試合残して、10球団が交流戦を終えた。

 全日程終了後に発表されるMVPは、楽天からは8日の中日戦で満塁弾、11日の巨人戦でサヨナラ打など2発13打点の小郷が候補に。投手では3勝の藤井、1勝ながら防御率0・39の早川が挙がる。

 最後まで優勝を争ったソフトバンクは、4発14打点の近藤が候補入り。日本ハム・水谷は打率・443、3本塁打、13打点の好成績で最終戦も注目される。

 ≪2年連続16度目パの勝ち越し≫今季の交流戦は1試合を残し、パ53勝、セ51勝(3分け)となり、2年連続16度目となるパの勝ち越しが決まった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月17日のニュース