「父の日」に大暴れ!大谷翔平が今季2度目の1試合2発で球場大興奮 19号でついにリーグトップに1本差

[ 2024年6月17日 06:28 ]

インターリーグ   ドジャース-ロイヤルズ ( 2024年6月16日    ロサンゼルス )

<ドジャース・ロイヤルズ>6回の第3打席で2打席連発19号を放った大谷翔平(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 ドジャースの大谷翔平投手(29)が16日(日本時間17日)、本拠でのロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席で19号を放ち、今季2度目の1試合2発をマークした。

 6回、先頭で第3打席に入ると、初球の内角寄りのスライダーを捉え、右翼席へ2打席連発アーチを放った。

 初回1死の第1打席は四球を選んで出塁。3回1死の第2打席は中堅左へ18号ソロを放ち、4試合ぶりのアーチで先制点を奪った。

 1試合2本塁打は5月5日(同6日)のブレーブス戦以来、今季2度目となった。19号はナ・リーグ単独2位で、トップのブレーブス・オズナに1本差まで迫った。

 圧巻の2発に本拠ファンは総立ちで大興奮した。

 また、現地は「父の日」とあり、球団はインスタグラムでスタメンを発表する際、各選手の父の名前も紹介。「2番・DH」の大谷は「TORU’S SON」(徹の息子)としてラインアップに名を連ねた。父・徹氏は金ケ崎リトルシニアの監督を務め、中学時代の佐々木麟太郎を指導したことでも知られている。

 大谷は「父の日」に合わせ、ニューバランスのNが水色になった特別仕様のスパイクを履いて試合に臨んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月17日のニュース