×

カブス・鈴木誠也 勝ち越し6号2ラン 完全復活証明の2試合連続弾 「4番・右翼」で先発

[ 2022年7月6日 10:45 ]

ナ・リーグ   カブスーブルワーズ ( 2022年7月5日    ミルウォーキー )

勝ち越し2ランを放つカブス・鈴木誠也(AP)
Photo By AP

 カブスの鈴木誠也外野手(27)は5日(日本時間6日)、敵地・ミルウォーキーでのブルワーズ戦に「4番・右翼」で先発出場。第3打席に左手薬指捻挫からの復帰後、2試合連続となる勝ち越し6号2ランを放った。

 同点に追いついた直後の5回1死二塁、先発右腕・アレクサンダーの初球シンカーをとらえ、第3打席で左翼への6号2ラン。4日(同5日)の同カードではランニング本塁打を放っており、2試合連続の一発となった。

 初回2死二塁からの第1打席は遊ゴロ。4回無死走者なしからの第2打席は右飛だった。

 前日の試合で39日ぶりに「4番・右翼」で戦線復帰。4月17日(同18日)のロッキーズ戦以来となる5号ランニング本塁打など、4月27日(同28日)ブレーブス戦以来のマルチ安打をマーク。4打数2安打1打点を記録した。この試合までの打撃成績は42試合で143打数36安打で打率・252、22打点、5本塁打となっていた。

 鈴木は5月26日のレッズ戦で左手薬指を捻挫し、負傷者リスト入り。傘下3Aアイオワでは6月30日から3試合に出場し、順調に調整段階を踏んで前日の同カードで戦線復帰した。復帰初戦で結果を残せたことに「久々のメジャーの試合だったので楽しみながらやろうと決めて入った1日だったので、そういった意味では良かったかなと思います」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月6日のニュース