×

中日・根尾 外野手から投手に守備位置登録変更 リリーフ待機か

[ 2022年6月21日 16:24 ]

カラーボールを使い壁当てする根尾(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は21日、根尾昂選手(22)の守備位置を外野手から投手に変更したと発表した。日本野球機構(NPB)で公示された。

 根尾は交流戦後から投手に本格転向し、19日の巨人戦(バンテリンドーム)では、9回2死から投手転向後初登板。岡本和を空振り三振に切り「まだまだ初心者なので、レベルアップできるようにやっていきたい。次も抑えます」と表情を引き締めていた。ここまでの投手成績は3試合で失点なし。

 立浪監督は20日の練習で、「まだまだ評価するのは先。他にも球種があるし、磨いていっているので楽しみにしている」と話した。当面は1軍に同行させ、リリーフとして起用する方針を示している。

 根尾は2018年ドラフト1位で中日に入団し、今季が4年目。当初は内野手登録だったが、今年3月8日に外野手登録となっており、今年2度目の守備位置変更となる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月21日のニュース