×

原監督が坂本絶賛「まだまだ途上であると」 その意識が消えたら「私はお尻をぺんぺんとするでしょう」

[ 2022年4月12日 22:01 ]

セ・リーグ   巨人10―4DeNA ( 2022年4月12日    那覇 )

<巨・D(1)>4回、中島の適時二塁打で生還してハイタッチをかわす坂本 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人がともに今季最多となる15安打10得点、今季初の先発全員安打でDeNAに圧勝。連敗を阻止して貯金を再び6とした。巨人が沖縄で公式戦を行うのは2014年7月9日のDeNA戦以来8年ぶり、主催試合は初めてだったが、沖縄での公式戦初勝利をド派手に飾った。

 この日は2020年9月18日のDeNA戦(横浜)から球団歴代4位となる204試合連続でスタメン4番を務めてきた岡本和が体調不良によりベンチ外。19年7月31日の広島戦(東京D)以来986日ぶりにスタメン4番に入った主将の坂本が2安打を放って通算2133安打とし、阿部慎之助を抜いて球団歴代単独4位に躍り出るなど打線が久々に爆発した。

 試合後、代役4番は坂本しかいなかった?と聞かれた巨人の原辰徳監督(63)は「いやいや、けっこういますよ?うちは」と笑顔。「いますけど、まあ、今日は勇人にお願いしたということですね」と説明し、坂本にいつ4番を伝えたのかという問いには「どうでしょうねえ。僕と(元木)ヘッドと(阿部)慎之助と決めたときは、2時半くらいだったかな。それを何時に伝えたかは、2時35分くらいかもしれないし、よく分かんないんだけど」とした。、

 また、阿部を抜いて球団歴代単独4位の安打数となった坂本の存在感について聞かれると「まだまだ途上であるという気持ちを持ち続けるところが大事だと思いますね。そこがやっぱりこれからの大事な部分だと思いますね。少しでも立ち止まろう、守ろうとかいうものが見えたときにはね、私はお尻をぺんぺんとするでしょう。やっぱり途上だ、挑戦だというそれが、今まで来た強さですから、それは最後の最後まで守るというか、それで戦い抜いて欲しいですね」と愛情たっぷりに語っていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月12日のニュース