日本ハム・ドラ7松浦 オリ・ドラ5池田との対戦熱望 大阪桐蔭卒業式で再会し刺激

[ 2022年1月24日 05:30 ]

球場に向かう松浦(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト7位・松浦慶斗投手(18=大阪桐蔭)が、同校からオリックス5位で入団した池田陵真との対戦を熱望した。22日に大阪府内で行われた卒業式に出席。池田とも久々に対面して新人合同自主トレなどプロ生活の近況を報告し「“同じリーグなので早く1軍で戦いたいな”という話をした。早く1軍に上がって結果を出したい」と決意を新たにした。

 旭川明星中から進学した大阪桐蔭での高校生活を振り返り「楽しかった高校生活が終わった」と感慨深げ。卒業式では同級生から多くの激励を受け、恩師・西谷浩一監督からも「期待してるぞ」とエールを送られた。「これからは野球が仕事になるのでしっかりやっていきたい。これだけ期待されて結果を出せないと恥ずかしい」と表情を引き締めた。

 新人合同自主トレでは体づくりに専念してここまで本格的なキャッチボールは行わず、ネットスローなどで調整。キャンプは2軍スタートが決まっているが、将来の同期対決を思い描いて徐々にペースを上げていく。(東尾 洋樹)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月24日のニュース