佐渡島出身、巨人育成6位・菊地の「ドカベン」の思い出は殿馬の秘打

[ 2022年1月19日 05:30 ]

新人合同自主トレでダッシュする菊地(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 佐渡島で初のプロ野球選手となった巨人の育成ドラフト6位・菊地(桐蔭横浜大)が同じ新潟出身で10日に亡くなった漫画家・水島新司さんの「ドカベン」の思い出を語った。

 好きなキャラクターには殿馬を挙げ「打席の中でグリップで打ったりしていた」と回想。佐渡時代には新潟明訓と対戦したこともあり「楽しい試合でした」と懐かしんだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月19日のニュース