×

阪神・矢野監督 来春の宜野座キャンプに佐藤輝の豪快スイング“生”で見に来て!新企画も思案中!!

[ 2021年12月26日 05:30 ]

来春の宜野座キャンプで新企画も思案中の阪神・矢野監督
Photo By スポニチ

 阪神・矢野監督は、人数制限こそあるものの有観客で実施見込みとなった来春の宜野座キャンプで佐藤輝の豪快な打撃をファンに見てもらいたいと訴えた。

 「(ファンに)見てもらって練習するのと(ファン不在で練習するのは)全然違う。昨年もテルが宜野座のバックスクリーンを越えるホームランを打っている。実際に見てもらえれば素朴なすごさというかね。試合でもテルの本塁打はあったけど、練習をじっくり見てもらえるのはキャンプしかないから」

 佐藤輝が新人離れした打球を初披露した今年2月は、残念ながら無観客。画面を通してでしか、その迫力を伝えられなかった。

 画面でも伝わるファンサービスとして今春は一人だけユニホームが違う「ワンデーキャプテン」制を採用。来年も継続予定で、新企画も「考えておきます」と乗り気だった。

 《投手の顔に青柳指名》矢野監督は“投手の顔”には青柳を指名した。MBSの番組内で質問され「森木とかも本当に何年後とかは楽しみなんですけど、青柳でいっときますか。青柳が最多勝を獲るなんて夢にも思わない。素直で、めちゃくちゃ練習して結果を出してくれたことが、チームにとってめっちゃ影響あるんですよ」と力説。開幕投手候補にも挙がる右腕のさらなる活躍に期待をかけた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月26日のニュース