×

巨人・高梨 緩急のためカーブ習得意欲「100キロ台前半ぐらいが投げられれば」

[ 2021年12月26日 05:30 ]

巨人・高梨
Photo By スポニチ

 巨人の高梨が新球種としてカーブ習得を目指す。今季は55試合に登板し、自己ワーストの防御率3・69。「ストライクが入らない試合も結構あった」と振り返り、注目したのがカーブだった。現在、軸にしている変化球は120キロ台後半のスライダーだが「緩急があるボールだと、どうにもならない時に助けてくれるんじゃないかと。100キロ台前半ぐらいが投げられれば」と意図を説明。

 また、7月から更新できていない自身のYouTubeチャンネルも「息抜きになったりするので」とオフ中の更新に意欲を示した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月26日のニュース