×

ロッテのドラ1松川、捕手らしい洞察力で大発見!「リスの尻尾でハート形」

[ 2021年12月26日 18:44 ]

ロッテのドラフト1位松川は、貝塚ヤングの激励会に出席し、好物のパイの実に満面の笑み
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・松川虎生捕手が26日、大阪で中学時代に所属した貝塚ヤングの激励会に、中学から市和歌山までバッテリーを組んだ小園健太投手とともに参加した。

 控え室ではロッテ本社の主力商品である大好物の「パイの実」を発見。そこで二つの箱をつなげると、リスの尻尾がつながりハート形になることも発見。球団公式ツイッターが、この様子を投稿すると、ファンも「この洞察力、世界一の捕手」「捕手だけに視野が広い」と絶賛された。

 なお、球団関係者は、「この事実は有名ではなく、松川が自分で気づいた」とも説明した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月26日のニュース