×

阪神・梅野 大熱戦演出!日本シリーズMVPの中村に刺激「来年はキャリアハイを目標に」

[ 2021年12月13日 05:30 ]

岩田稔氏(中央)と記念写真に納まる梅野(左)と秋山(カンテレ提供)
Photo By スポニチ

 国内FA権を行使せず阪神残留を決めた阪神・梅野隆太郎捕手(30)が、カンテレの「こやぶるSPORTS超 大晦日SP(仮)」(31日午後3時45分~5時45分、関西ローカル)の収録に参加し、来季のリーグ優勝から日本一をイメージした。

 「ラオウはやっぱり打ちますね。リーグ優勝したバッターは違う。来年は(自分が)そうならないといけない」

 今年の日本シリーズはテレビ観戦するしかなかった。それでも、接戦続きの展開に学ぶところは多かった。同じ捕手であるヤクルト・中村がシリーズのMVPを獲得したことも刺激となり、新たな意欲を駆り立てられた。

 「捕手は苦しい思いやしんどいところが、ひと一倍ある。接戦をものにして報われたのは大きかったと思う。自分もチームを背負っていく立場にあるので、苦しいときこそ耐えて、最後、みんなで笑顔になれるように頑張りたい」

 通算8度の打率3割超えを果たすなど通算2097安打しゴールデングラブ賞10度を誇る捕手の大先輩、古田敦也氏からは来季に向け「経験値は高いけど、打つ方はまだまだ物足りない。3割とは言わないけど、厚みがほしい」と今季の打率・225を省みて、打撃向上を求められた。

 「いいも悪いも糧にして、来年は試合数とかキャリアハイを目標にしたい」。新たに3年契約を締結しスタートする来季。絶対的存在まで己を高める。

 《岩田氏も残留に喜び》今季限りで現役を引退した岩田稔氏は、長年バッテリーを組んだ梅野がFA権を行使せずに残留したことを喜んだ。「タイガースが優勝するためには欠かせないピースなので、先頭に立って引っ張っていってほしい」。16年間背負ってきた背番号「21」を来季から付けることになった秋山とも対面。「言葉は何もかけていないですが、はやく21が似合う選手になってもらえれば」とエールを送った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月13日のニュース