オリックス・西野 470万円減に「悔しいという言葉しかない」 プロ最少の18試合出場から巻き返し期す

[ 2021年12月8日 14:32 ]

約更改を終え、会見するオリックス・西野(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスの西野真弘内野手(31)が8日、大阪市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、470万円減の年俸1680万円でサインした。

 7年目の今季はプロ入り最少となる18試合出場にとどまり、打率・146と不本意な成績となり「悔しいという言葉しかない。結果を見てもらえれば分かる通り、貢献もまったくできていない。悔しいシーズンになった」と肩を落とした。

 「来年こそは」と再起を決意し「数字上げるのは難しいが、とにかく試合に出て貢献、活躍したい気持ちが強い。まずはそこ。試合に出られるようにしっかりアピールしていきたい」と誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月8日のニュース