NPBがFA宣言選手を公示 有資格者97選手のうち宣言は3選手 実質的には又吉だけのFA市場

[ 2021年12月8日 15:57 ]

中日・又吉
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)は8日、フリーエージェント(FA)宣言選手を公示し、有資格者97選手のうち3選手が公示された。

 公示されたのは今季国内FAの資格を取得した中日の又吉克樹投手(31)ら3選手。海外FA権を持つDeNA・大和内野手(34)と、国内FA権を持つ西武・岡田雅利捕手(32)はともに権利を行使した上でチーム残留を決めたため、実質的には又吉ひとりのFA市場となった。

 FA権行使の申請期間は7日で終了。8日のFA宣言選手公示の後、9日から全球団との交渉が可能となる。

 中日はこれまで又吉と2度の残留交渉を行って3年総額4億円程度とみられる条件提示を済ませ、宣言残留も容認。又吉に対してはソフトバンク、DeNAなどが獲得調査を進めている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月8日のニュース