×

巨人・畠世周があこがれの女性シンガーと対面 緊張にマイク持つのも忘れ「手震えてます」

[ 2021年12月8日 19:47 ]

<巨人感謝祭>長嶋終身名誉監督と記念写真に納まる巨人ナイン (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は8日、東京・両国国技館で「読売巨人軍2021シーズン感謝祭in国技館」を開催した。選手の現在の夢をかなえるコーナーに登場した畠世周投手(27)が、あこがれの女性シンガーと対面した。

 畠の要望は「藍井エイルさんに会いたい」。その理由として「アニメ好きで、(藍井がアニメの)『アルスラーン戦記』の主題歌を歌っておられるのを聞いてすごいなと。(藍井の)音楽を聴いて、元気をつけさせていただいている」と語った。この思いに対し、アニソン歌手の藍井エイルが、最初はビデオメッセージの形で登場。「いつか東京ドームの方にもおうかがいします。畠選手も都合のある時には、私のライブにも来てください」とした。対面できず落胆していた畠だったが、その直後、藍井がステージにサプライズ登場すると、畠は頭を抱え、そして顔をおおって興奮状態に。「手、震えてます。満塁(のピンチ)より緊張しています」と語り、藍井となかなか目線を合わせられなかった。動揺したのか、マイクを持たずに話してしまう場面もあった。

 「こんな素敵な空間に呼んでいただいてありがとうございます」と話した藍井に、畠も満面の笑み。最後は2ショットで「セイ!セイ!シュウ」と声を合わせてポーズを決めた。畠は「幸せですね。ちょっと歌っていただけたのもうれしいですし、きれいですね」と興奮気味に話した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月8日のニュース