巨人の岡本和真 丸のイジりも華麗にスルー 岡本ワールド全開で会場の爆笑を誘う

[ 2021年12月8日 20:41 ]

<巨人感謝祭>トークショーを行った(左から)岡本和、丸、菅野、坂本(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は8日、東京・両国国技館で「読売巨人軍2021シーズン感謝祭in国技館」を開催した。2年連続で本塁打、打点の2冠王に輝いた岡本和真内野手(25)が坂本勇人内野手(32)、菅野智之投手(32)、丸佳浩外野手(32)とともにスペシャルトークのコーナーに登場し、独特の発言で笑わせた。

 冒頭で丸から恒例の岡本様イジリ。「岡本様が前半戦は一人で頑張ってくれた分、終盤ちょっと疲れちゃって、僕とか勇人さん(坂本)に(岡本から)“ええ加減にせえよ”とおしかりの言葉をいただいたので、そういった言葉が出ないように、僕もサポートできるよう頑張りたい」とジャブ。続く岡本和は「こんばんは。最後ケガしてしまったので、申し訳ない気持ちでいっぱいですし、来シーズンはケガなく1年間戦えるように頑張ります」と華麗にスルーし、大きな拍手を受けた。

 続いて坂本、菅野、丸、岡本和の4人の中でのファン投票を実施。「最も頭がいい選手は?」の問いでは、坂本が「和真は選ばれないでしょ」と話すと、小さな声で「俺やろ」とツッコミ。結果は、丸44%、菅野39%、坂本12%で、岡本和は最下位の5%の得票。すかさず岡本和は「その5%の方は本当に良く見ていらっしゃる」と話した。続いて「最も寂しがり屋な選手は?」は、岡本和が56%の得票で1位となると「僕は1人で全然平気なんで。この56%の人はちゃんと見ていらっしゃらない」と切り捨てた。

 最後の質問は「俳優で成功しそうな選手」。司会者から「俳優の2時間ドラマとかでオファーが来たらどうしますか?」と問われると「僕、(時間を)拘束されるのがあまり好きじゃないので、大丈夫です」と一方的に断り、会場が沸いた。ちなみに、この質問の1位は坂本だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月8日のニュース