大谷翔平 6回3安打2失点で7勝目!打っては3の1「1番・投手」二刀流で勝率5割復帰に貢献

[ 2021年8月13日 13:48 ]

ア・リーグ   エンゼルス6―3ブルージェイズ ( 2021年8月12日    アナハイム )

<エンゼルス・ブルージェイズ>エンゼルス先発・大谷(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は12日(日本時間13日)、本拠地アナハイムでのブルージェイズ戦に「1番・投手」で投打同時出場。「1番・投手」は6月30日(同7月1日)のヤンキース戦以来、今季2度目で、6回99球を投げ3安打2失点で自己最多を更新する7勝目を挙げた。打っては左中間二塁打を放つなど3打数1安打で打率は・268。チームは6―3で勝利し、勝率を5割に戻した。

 今季17度目の先発登板で、投打同時出場は14度目。初回は2死から初対決となったゲレロに左前打されたが、続くヘルナンデスを左飛。2回は3者凡退で、4点リードとなった直後の3回は先頭打者に四球を出したものの無失点。4回は1死二塁からヘルナンデスに左前適時打、2死二塁からグリチェクに右中間適時二塁打されて2失点したが、5回は3者凡退。6回2死からゲレロに四球を与えたが後続を抑え、この回を終えたところでマウンドを降りてベンチに退いた。

 打っては、初回の第1打席で、ブ軍の先発右腕ベリオスから打球速度112マイル(約180キロ)の“弾丸”左中間二塁打。10日(同11日)の同カードダブルヘッダー2試合目から続く連続安打を「3」に伸ばした。2回1死二塁の第2打席は四球、3回2死二塁の第3打席は中飛、左腕スニードと対戦した6回無死の第4打席は見逃し三振に倒れた。

 前日11日(同12日)の同カードでは「1番・DH」で打者として先発出場し、38号2ランを放つなど3打数1安打2打点1四球だった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月13日のニュース