元広島・小窪、九州アジアリーグの火の国サラマンダーズと基本合意 あす入団会見

[ 2021年6月4日 15:00 ]

元広島・小窪哲也内野手
Photo By スポニチ

 プロ野球独立リーグの九州アジアリーグの火の国サラマンダーズは4日、20年限りで広島を退団した小窪哲也内野手(36)と入団に基本合意したと発表した。

 小窪は08年に大学生・社会人ドラフト3位で広島に入団。16年、17年と選手会長としてチームを引っ張りリーグ連覇に貢献。通算385安打を放った。あす5日に熊本市内で入団会見を行う予定で6日の大分戦からベンチ入りする。

 火の国サラマンダーズは西武、ソフトバンクなどで捕手として活躍した細川亨監督(41)が率いており、DeNA、ソフトバンクで通算759安打を放った吉村裕基(36)が選手兼任コーチとして在籍している。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月4日のニュース