×

日本ハム・輝星 納得“志願の90球”「プロに入って一番良かった」

[ 2021年2月12日 05:30 ]

ブルペンで投げ込む吉田(撮影・和田裕司)
Photo By スポニチ

 日本ハム・吉田が練習メニュー表になかったブルペン投球を自主的に行い、約90球を投げた。長袖シャツ姿で帽子を取ったまま、やや出力を下げて練習。捕手に若干後ろに構えてもらっての投球に何割かを割き、「軽い力でいい球がいくというのは質がいい証拠。捕手が後ろでも垂れない真っすぐを投げたいので」と取り組みの狙いを語った。

 投球中には笑みを見せ「キャンプに入って一番よかった。プロに入って一番よかったと言っても言いすぎじゃないぐらい良かった」と振り返る。昨季から練習していたというチェンジアップも織り交ぜた。「(練習中の)ナックルカーブもそうですが、勇気を出して試合で使っていければいい」と口にした。

 この日中止となった阪神戦に登板する予定だった加藤らが13日の紅白戦に回るため、吉田の次回実戦は紅白戦から17日のロッテ戦先発に変更された。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年2月12日のニュース