コロナ陽性の広島・メヒア 2・1には間に合わず 鈴木本部長「フランスアより来日遅くなる」

[ 2021年1月13日 05:30 ]

広島のアレハンドロ・メヒア
Photo By スポニチ

 広島は12日、アレハンドロ・メヒア内野手(27)が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陽性判定されたと発表した。ドミニカ共和国から渡航前に検査を受け、11日に判明。無症状で自宅療養している。球団ではフランスアに続き2人目となった。

 今後は陽性判定日から10日後と14日後に実施する同検査で2回連続陰性となり、さらに渡航72時間以内の陰性証明が必要で、キャンプインが予定される2月1日には間に合わない。鈴木清明球団本部長は「仕方ない。フランスアより来日が遅くなるだろう」と見通しを明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2021年1月13日のニュース