西武の本拠地メットライフドームの外野から芝生が消えた

[ 2021年1月13日 13:02 ]

メットライフドーム外野席の現状(球団提供)
Photo By 提供写真

 芝生がないだけでこんなにも雰囲気が変わるものなのか―。

 今年3月のグランドオープンに向けて着々と工事が進むメットライフドームのセンターバックスクリーンの左右には従来の緑ではなくコンクリートの段差が広がる。センターからレフト線、ライト線に向かって均等に広がる20を数える段差は、まだ見ぬ座席を受け入れんばかりとその日を待っている。

 今回初めてメットライフドームの外野に「座席」が敷き詰められることになったが、象徴的な場所は“当時の思い”を引き継ぎながら生まれ変わる。シートの色は濃さの異なる3色の緑でグラデーションを施し、木々が新緑の季節に色を変えていくように、外野席から内野席に向かうにつれてその緑を深くしていくのだ。

 座席は、折りたたんでしまえばその前後幅はわずか250mmと超薄型で、立ち上がっての応援がしやすいタイプに。さらに全座席にクッションがつき、ファンは贔屓チームの守備時には、次回の攻撃に向けてエネルギーを存分にためることができそうだ。目まぐるしく変化していくメットライフドームエリア。今まさにこのスタジアムはグランドオープンに向け、その階段を全力で駆け上がっている。

 広報部員コメント
 「芝生席にはたくさんの思い出が詰まっていますが、新しい外野席の誕生は本当に楽しみです。新しくできたすべての座席をファンの皆さまに埋め尽くしていただく光景はきっと、圧巻でしょう。そこで奏でられる応援はきっとさらにボリュームアップするのではないでしょうか。この場所がファンの皆さんにとって“応援の聖地”と思っていただけるように一緒に育んでいければと思います」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2021年1月13日のニュース