立大が始動 溝口監督、継投&足を使って

[ 2021年1月13日 13:51 ]

立大・溝口監督
Photo By スポニチ

 東京六大学野球リーグの立大が、埼玉県新座市のグラウンドで始動した。17年春以来の優勝を目指すチームに、溝口智成監督は「投手陣は中川、中崎が抜けたので、5、6投手でつないでいく。野手はリーグ戦の経験者もいるので、足を使いながら戦っていきたい」と決意を新たにした。

 太田主将はノックなどで汗を流し「今のメンバーは誰もリーグ優勝を経験していない。最後の1年で優勝できるようにしたい。(3年間は)パッとしない成績だったので、個人的には打率3割は打ちたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2021年1月13日のニュース