ダルビッシュ、中日・祖父江の倍増更改に「夢がある」 昨年は「評価基準が知りたい」と言及

[ 2020年11月29日 15:24 ]

カブスのダルビッシュ有(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手(34)が日本時間の29日、自身のツイッターで、中日の契約更改交渉について言及した。祖父江大輔投手(33)が3500万円増の7000万円(金額は推定)でサインしたことに「夢がある。今年は救えない」とつづった。

 この投稿の前には、保留者が続出していた中日の契約更改交渉について「活躍しても色々言われて上がらない、活躍しなかったら容赦なく減俸。選手からしたら夢ないよなぁ」と個人的な見解をつづっていた。

 祖父江は今季、チーム最多の54試合に登板。2勝3セーブ28ホールド、防御率1・79で、30ホールドポイントで最優秀中継ぎの初タイトルを獲得した。

 ダルビッシュは昨年11月、祖父江の契約交渉について言及していた。祖父江は昨年まで入団から6年連続30試合以上登板を記録。昨年は44試合に登板し、3勝4敗1セーブ、防御率3・11の成績を残したが、ダウン提示を受けていた。これについてダルビッシュは「評価基準を知りたい」とツイッターで反応。さらに、「YouTube」で中継ぎ投手の評価について語り「適正な評価をしてあげないと選手もやる気が出ない」と述べていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月29日のニュース