阪神・近本 「教育文化功労部門」で淡路市から表彰「これからも淡路の人に楽しみを」

[ 2020年11月29日 16:46 ]

阪神・近本
Photo By スポニチ

 阪神・近本光司外野手(26)が29日、淡路市制15周年記念表彰で「教育文化功労部門」の表彰を受け、ビデオメッセージで感謝の思いを伝えた。

 「市制15周年にあたり、このたびはこのような賞をいただきありがとうございます。これからも淡路の人に楽しみを届けられるように頑張っていきますので、本日は本当にありがとうございました」

 淡路市企画情報部秘書広報課は選定理由について「淡路市の教育文化の振興に寄与され市政の進展に多大な貢献をされたとして選ばれました」と説明。

 門康彦市長からも「近本選手の活躍は、淡路市民の誇りであり、子どもたちに夢と希望を与えています」とコメントが寄せられた。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月29日のニュース