オリックス・山岡 投球の幅を広げるためフォークの完全習得目標

[ 2020年11月21日 05:30 ]

オリックスの山岡
Photo By スポニチ

 オリックス・山岡がフォークの完全習得を期した。「決め球に使えるまでにしたい」。スライダーが代名詞で、今季も直球と縦横の宝刀が投球の7割を占めた。

 19年から試投し、今季も1試合で5球ほどだったフォークを勝負球に昇華することで投球の幅を広げる狙いだ。今オフはベスト体重の68キロから5キロ増量して球速アップを図る。「130キロ台前半のフォークを140キロ台にして直球と見分けが付きにくいものに仕上げたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月21日のニュース