楽天・青山が引退を発表 セットアッパーとして13年の日本一貢献 通算625試合登板

[ 2020年11月21日 15:14 ]

今季限りでの引退を発表した楽天・青山
Photo By スポニチ

 楽天が21日、青山浩二投手(37)の現役引退を発表した。

 青山は八戸大から、05年大学生・社会人ドラフト3巡目で楽天に入団。球団創設2年目の06年から、主に中継ぎとしてチームを支え、13年には60試合に登板し、日本一に貢献した。しかし、今季はわずか11試合の登板で終盤は2軍調整が続いていた。

 通算成績は625試合に登板し、42勝58敗45セーブ、159ホールド、防御率3・67。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月21日のニュース