巨人・原監督が引退・藤川登板に粋な計らい 代打・坂本、代打・中島 試合は1安打完封

[ 2020年11月10日 21:18 ]

セ・リーグ   巨人4ー0阪神 ( 2020年11月10日    甲子園 )

<神・巨>9回無死、坂本は空振り三振に倒れる(投手・藤川)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 巨人の原辰徳監督が、引退試合登板となった藤川球児投手に対し、敬意を表して、粋な演出をみせた。

 9回にマウンドに上がった藤川に対し、まずは吉川尚に代えて坂本勇人内野手を代打でコール。空振り三振に倒れると、今度は松原に代えて中島宏之内野手を送った。中島も空振り三振に倒れた。

 試合は日本シリーズでも先発を務めることが有力な畠、戸郷が無安打投球。4番手の高橋が1安打されたが、5投手の継投で1安打完封に抑えた。今季の阪神戦は16勝8敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年11月10日のニュース