巨人新外国人・サンチェス 4試合目で初零封「前に進むことができている」

[ 2020年3月22日 05:30 ]

練習試合   巨人8―0DeNA ( 2020年3月21日    東京D )

<巨・D>巨人先発のサンチェス(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人新外国人のサンチェスが3回を4安打無失点。オープン戦3試合は全てで失点して防御率10.57だったが、4試合目にして初めて無失点に封じ、「良くなったと思う。前に進むことができている」と手応えを見せた。

 日本の公式球に慣れるため、調整期間中はブルペンで約10球ごとに新しい球に替える試みを実践。9アウトのうち5つがゴロアウトで「ゴロを打たせることができた」と振り返っていた。

 ▼巨人・今村(2軍から昇格し、2番手で5回2安打無失点)阿部さん(2軍監督)の下でやってきたことがしっかり出せた。カットボールを実戦で初めて試した。まだまだ練習は必要。

 ▼巨人・中川(9回の1イニングを1安打無失点。疲労を考慮され2月22日の日本ハム戦以来の登板)久しぶりの登板で少し緊張しました。細かな部分を修正してしっかりと開幕を迎えたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月22日のニュース