元プロ山崎まり、埼玉西武レディース第1回セレクション参加「新たな一歩に」

[ 2020年1月20日 05:30 ]

ガッツポーズする(前列左から)清水、英、六角、出口、山崎(後列左から)緒方、田中、數田、加藤、久保田(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 西武が支援・公認する女子野球チーム「埼玉西武ライオンズ・レディース」が埼玉県川越市内の尚美学園大グラウンドで第1回セレクションを実施した。元プロの山崎まり内野手(30)を含む8人が参加し、フリー打撃やノックなどでアピール。昨季限りで埼玉アストライアを退団した山崎は「あと何年かは現役をできる体。女子野球の普及活動のための新たな一歩になるチームになっていきたい」と決意を語った。

 新谷博監督は「頑張ればこれだけ女子だってできるというのを広めていきたい。そういう宿命があるチーム」と力を込めた。2月9日の第2回セレクション後に合否が発表され、既に入団が決まっている六角彩子内野手(28)、出口彩香内野手(27)を含めた計20人で4月1日に発足する。 (岡村 幸治)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月20日のニュース