ロッテドラ2佐藤 初のブルペン入り、昨年12月以来の生きた球「緊張しました」

[ 2020年1月20日 16:53 ]

<ロッテ新人合同自主トレ>ブルペンで山本大貴の投球を受けたドラフト2位の佐藤都志也(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト2位・佐藤都志也捕手(21=東洋大)が20日、ロッテ浦和で自主トレを行い、初めてブルペン入りした。練習メニューの予定に入っていなかったが、「キャンプまでに目を慣らしておきたかったのでお願いした」と期待の3年目左腕・山本大貴投手の球を志願して受けた。

 投手の生きた球を受けるのは、昨年12月以来だっただけに「緊張しました。球も速かった」と俊足、強肩、強打で期待される即戦力は照れ笑いを浮かべていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月20日のニュース