ロッテ・ドラ1朗希「ここでプレーを」1軍でZOZO“帰還”誓った 20日からはロッテ浦和でトレ

[ 2020年1月20日 05:30 ]

キャッチボールする佐々木(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 20日からは終日ロッテ浦和で行われるため、ZOZOマリンでの新人合同自主トレは最終日となった。

 ここまでスロー調整を貫いている佐々木朗は「ブルペンには強度を高めてから入りたい」とキャンプ地・石垣島入り後の本格投球を見据えた。また、練習後には左翼グラウンドで「ハイタッチ会」が行われ、「ファンと触れ合って、改めて頑張る理由ができた」と593人と手を合わせた。「1軍にいないと、ここに戻って来られない。ここでプレーしたいし、ここでプレーしなければいけない」と、1軍選手として本拠地に戻って来ることを誓った。

 ≪U18同僚の習志野・飯塚も来た≫昨年のU18W杯に出場した高校日本代表で、佐々木朗と同僚だった飯塚脩人投手(習志野)が球場を訪問。約50人の地元ファンに囲まれた。今春から早大に進学する150キロ右腕は「前夜、朗希から“球場に来てよ”と誘われたけど、ハイタッチ会に並ぶ場所が分からなくて…」と苦笑。それでも、関係者の配慮もあって無事に対面を果たしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月20日のニュース