巨人・小林 巻き返しへ「キャンプインには100%の状態で」おしゃれ度も全開

[ 2020年1月20日 05:30 ]

<Safariアスリート・ドレッサー・アワード>華やかな装いで並ぶ(左から)山中亮平、小林誠司、柏原明日架、那須川天心、田中大貴(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

  「セイジ100%」だ。巨人・小林が、2月4日に行われる「1軍VS2、3軍」の紅白戦について「出る気持ちでいます。準備はできているので。キャンプインには100%の状態で臨みたい」と全開アピールを誓った。

 7年目の30歳が今季に懸ける思いは強い。出場92試合に終わった昨季から巻き返すため、オフは社会人時代を過ごした大阪の日本生命の施設で自主トレ。「充実している」と体の仕上がりは万全だ。春季キャンプは独自調整できるS班の坂本ら4人が2軍スタート。自身は1軍スタートが濃厚で、「先頭に立って引っ張っていけるように」とリーダーの自覚も口にする。

 この日は東京都内で、ファッションでも影響力のあるアスリートに贈られる「Safari Athlete Dresser Award」の表彰式に出席。「こういう賞を頂けたので、野球選手もおしゃれだというところを見せたい」と喜んだ。グラウンド内外で、さらに自身を磨く。 (青森 正宣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月20日のニュース