広島・誠也 4年連続ベストナイン&2冠も「すべてが足りない」4連覇逃した雪辱誓う

[ 2019年11月27日 05:30 ]

セ・リーグ首位打者、最高出塁率の2冠に輝き、喜びを語る鈴木(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 プロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2019 supported by リポビタンD」が26日、東京都内のホテルで開かれ、広島・鈴木誠也外野手(25)がさらなる高みへ意欲を燃やした。首位打者、最高出塁率の2冠に輝き、4年連続4度目のベストナイン受賞。それでも主砲は満足せず、来季のV奪回へ、飽くなき挑戦は続く。

 満面に笑み…とはいかなかった。4年連続の表彰式。「チームのために…と思ってやった結果がこういう賞につながり、うれしいです」。スポットライトを浴びた壇上ではそう話したが、チームがリーグ4連覇を逃しては素直に喜べない。

 4年連続のベストナイン受賞。囲み取材では本音が漏れた。「うれしいんだか、うれしくないんだか」。何しろ、過去3年は3連覇した王者の一員としての選出だった。「優勝し、その中での賞だと思っていたので…」。それが4位。複雑な表情を隠せなかった。

 だからと言って、2冠は色あせない。セ・リーグ首位打者に輝く打率・335、最高出塁率・453。チームの勝利を最優先し、個人タイトルには興味を示さない主砲だが、勲章を得て名実ともに球界の顔になった。

 中でも最高出塁率がキラリと光る。相手バッテリーの厳しいマークに遭いながら刻んだ数字。勝負を避けられるケースが増え、イライラ感から「ボール球にがっつくとダメ。見過ぎるのもよくない。難しいです…」とこぼしたこともある。

 求められたセルフコントロール。1冊の本との出会いがあった。「怒りを抑えるには、楽しみなことなどに意識を切り替えればいい…と。自尊心という本です。それを読み、大分できるようになりました」。読書で得た知識を実践。感情を制御することで初のタイトルにつなげた。

 「表彰されたからと言って、レベルが上がるわけじゃない。すべてが足りない。これで満足せず、これまで通り向上心を持ってやらないといけない」

 堂々の2冠、ベストナイン受賞。先の「プレミア12」では侍ジャパンの4番として世界一に貢献し、MVPに輝いた。それでも鈴木は鈴木のままだ。常に足もとを見続け、決して浮かれない。

 「(今季)もう少し頑張っていたら、いい方向に行けたかな…」

 この言葉にすべてが集約される。さらなる高みを求め、リベンジを誓う来季、Vを奪回してスポットライトを浴びるつもりだ。(江尾 卓也)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年11月27日のニュース