鈴木大地 楽天入団会見でユニホーム姿を披露 背番号は「7」に決定「東北のみなさんに感動を」

[ 2019年11月27日 15:13 ]

楽天入団発表会見で、ユニホームを着てガッツポーズする鈴木(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 ロッテから楽天にFA移籍した鈴木大地内野手(30)の入団会見が27日、仙台市の楽天生命パークで行われた。

 新天地での背番号は、ロッテでもつけていた「7」に決定。ファンクラブ会員に公開して実施された会見で、楽天のユニホーム姿をお披露目し「東北のみなさんに感動を届けたい。今この瞬間から“よし、やってやるぞ”という気持ちになった。やるからには優勝に向かって戦っていきたい」と力強く意気込みを語った。

 契約年数は4年で、総額7億円規模の条件で合意した。石井一久GMは「僕たちの考え方にフィットしたのでご縁が持てたと思う」と説明。内野の全ポジションを守れるユーティリティー性に加えて、誰もが認めるキャプテンシーや人間性も高く評価しており「全面に出てチームを鼓舞できる存在。内野の中に司令塔のような選手がいてくれるのは大きい。基本的にはサードでやってもらいたい。これで内野の層が厚くなり、1年を通して戦っていける態勢が整ってきた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月27日のニュース