西武・金子一 ライオンズアカデミーのコーチに「指導者の一人として精いっぱい頑張ります」

[ 2019年11月27日 17:49 ]

 今年10月に西武から戦力外通告を受けた金子一輝内野手(24)が、来年1月からライオンズアカデミーのコーチを務めることが決まった。

 金子一は日大藤沢から13年ドラフト4位で入団。今季までの6年間で1軍成績は6試合で打率・357、1本塁打、2打点だった。

 同アカデミーは球団が小中学生を対象に開校している野球スクール。金子一は「6年間、プロ野球選手としてプレーできて本当に良い経験になりました。野球人生で得たことや経験を、これからは一人でも多くの子供たちに伝え、野球に興味を持って楽しんでプレーできるよう、指導者の一人として精いっぱい頑張ります」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月27日のニュース