ロッテドラ2の東洋大・佐藤都は通算96安打締め「結果は悔しいけど…」

[ 2019年10月25日 05:30 ]

東都大学野球第7日第2週   東洋大4―5中大 ( 2019年10月24日    神宮 )

 2回戦3試合が行われた。ロッテにドラフト2位で指名された東洋大・佐藤都志也捕手(4年)は右翼手として出場し3打数1安打。通算96安打で最後の試合を終えた。中大は東洋大に連勝し、勝ち点5の完全優勝を達成した。

 佐藤都は本職の捕手ではなく、「1番・右翼」で出場し3打数1安打。通算96安打で大学野球を終えた。「100安打を目標にやってきた。結果は悔しいけどよく頑張ったと思う」。レギュラー定着は2年春からで実質6シーズンでの成績。大学最後の安打は逆方向(左前打)で、視察したロッテ・永野吉成チーフスカウトも「逆方向へ打てるようになったのが彼の成長の証」と評価した。

 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月25日のニュース