甲子園春夏連覇 ソフトB 島袋 今後については白紙「じっくり考えたい」

[ 2019年10月2日 05:30 ]

球団事務所を訪れた島袋(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 プロ野球は1日、戦力外の第1次通告期間が始まり、巨人、DeNA、中日、ヤクルト、ソフトバンク、楽天、日本ハムが当該選手に来季の契約を結ばないことを伝えた。

 ソフトバンクの左腕・島袋は今後について「白紙。自分の中で決めていない」と語った。興南高時代の10年に甲子園で春夏連覇を達成し、14年ドラフト5位で入団。1軍登板は15年の2試合2イニングにとどまり、17年8月に左肘の手術を受けると、18年から育成契約となっていた。

 「後半戦は調子も上がっていたし(野球を)できるとは思うけど、じっくり考えたい」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月2日のニュース