日本新薬 創業100周年飾れず…逆転許し3年連続初戦敗退

[ 2019年7月19日 05:30 ]

第90回都市対抗野球大会第6日 2回戦   日本新薬1-2NTT東日本 ( 2019年7月18日    東京D )

8回、選手交代を告げる日本新薬・吹石監督(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 日本新薬は創業100周年の記念イヤーも無念の初戦敗退となった。1―0の8回に2番手・小松が失策も絡んで2死二、三塁とされ3番手の岩本が連打で逆転を許した。

 「うちは守りのチーム。エラーが出てはね。1勝するのは難しい」。就任3年目で3年連続の初戦敗退となった元近鉄の吹石徳一監督は厳しい表情で振り返った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月19日のニュース