昨季0勝 中日・大野雄が覚醒!自己最多タイ13Kでセ令和初完封“禁酒効果”でまだまだ進化だ

[ 2019年5月8日 05:30 ]

セ・リーグ   中日6―0広島 ( 2019年5月7日    ナゴヤD )

3安打13奪三振で完封勝利を挙げ、バッテリーを組んだ加藤(右)と笑顔で抱き合う大野雄(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 9回のマウンドで、中日・大野雄は確信があった。「右打者の内角を突けたこと。“大丈夫や”というのがあった」。象徴的な場面が1死無走者での鈴木との対戦。内角低め145キロ直球で、そのバットを凍らせた。最後は長野から3者連続となる自己最多タイ13個目の三振を奪い、セ・リーグでは令和一番乗りの完封を決めた。

 「完封は意識していなかったけど、5点をもらって最後までいきたいな、と。チーム状況も決して良いとは言えない中で、ズルズルいかないように食い止めたいと思っていた」

 前夜6日の同戦では鈴木博、谷元が炎上し痛恨の逆転負け。12連戦中で救援陣の負担を軽減させる完封は、チームでは今季初、自身も17年9月6日の巨人戦以来608日ぶり。与田監督からも、「落ち着いて見ていられました。キャンプから“完投できるように”という意気込みを持っていたし。良く投げてくれた」と称えられた。

 奪三振ショーの一方で、自身のバットも“凍って”いるのは、ご愛きょうだ。この日も快音はなく、17年開幕から75打席連続無安打。セ・リーグ記録の工藤公康(巨人)の「84」も視界に入り、「最後の方は“打席もう回ってくんな”って思っていましたけどね。一日でも早く打てるようにしたい」と力をこめた。

 本業は、これで登板6試合のうち5試合でクオリティースタート(6回以上、自責点3以下)を記録して3勝目。2月1日の春季キャンプから徹底する禁酒効果には「夏場くらいじゃないですか、効果が出るのは?」とさらなる上昇曲線を自分自身に期待する。昨季未勝利からV字復活した左腕が、上位浮上のキーマンだ。(湯澤 涼)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月8日のニュース