新井氏、巨人移籍の丸は弟のような存在 ユニホーム変わってもずっと見守りたい

[ 2019年2月5日 10:00 ]

新井本紙評論家(左)と笑顔を見せる丸(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 【新井さんが行く!巨人編】 丸と会うのを楽しみにしていた。元気そうで安心した。今まで通りやれば絶対に結果は出る。この“今まで通り”が難しい。周囲の見る目が変わり、期待値も高くなる。万が一スタートがあまりよくないと焦りが出る。そんな時は、その日の状態でできること、目の前の一打席でやれることに集中してほしい。

 阪神へ移籍した1年目は幸いいいスタートが切れた。3番を任されたから、余計なことを考えず、とにかく4番の金本さんにつなぐことだけに集中できたのがよかった。丸には2番での起用案があるみたい。いいかもしれない。本人も「どの打順でもやるべきことは変わらないし、スイングは変わらない」と言っていた。竹を割ったような性格で、明るく前向きな子。今まで以上にプレッシャーがあるかもしれないけど、丸なら大丈夫だ。

 昨秋はいろんな話をしたし、いろんな覚悟をした上での決断だと思う。偶然にも開幕戦はマツダスタジアム。プロの世界はファンの方々に支えられているし、どんな感情を抱くことも自由だと思う。その上で個人的な思いは、丸は弟のような存在だということ。違うユニホームになったからといって弟を応援しなくなることはない。これからもずっと見守っていきたいな。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月5日のニュース