PR:

DeNAドラ4・勝又、異例の“焼き肉契約”に恐縮「こういう店に自分で来られるよう結果を残したい」

焼肉店での仮契約を終えポーズを取る、DeNAのドラフト4位・勝又(撮影・ 久冨木 修)
Photo By スポニチ

 DeNAからドラフト4位で指名された勝又温史投手(18=日大鶴ヶ丘)が「球団史上初の男」になった。東京・新宿の高級焼き肉店「叙々苑」で入団交渉に臨み、契約金4000万円、年俸600万円で仮契約。ホテルや学校などで仮契約を結んだ後に後に球団関係者とともに食事に行く流れが一般的だが、焼き肉店で仮契約を結んだのは球団では初のケースという。

 日大鶴ケ丘では最速152キロ&高校通算30発の「二刀流」として注目され「これから新たな野球人生が始まるという気持ちになった」と表情を引き締めた。大の焼き肉好きで、18歳での「叙々苑デビュー」に「こういう高い店に連れてきてもらった経験がないので…」と恐縮しきり。叙々苑によると過去に系列店でプロ野球選手の入団交渉が行われたことはなく、勝又は「まだプレーしてお金を稼いでいない。こういう店に自分で来られるように、しっかり結果を残したい」と話した。

[ 2018年11月9日 21:11 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月19日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム