侍J 秋山の満塁走者一掃2ベースで同点 MLB選抜と点の取り合い続く

[ 2018年11月9日 20:43 ]

日米野球第1戦   侍ジャパン―MLB選抜 ( 2018年11月9日    東京D )

<侍ジャパン・MLB選抜>5回1死満塁、3点適時二塁打を放つ秋山(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンが5回に秋山翔吾外野手(30=西武)による満塁の走者一掃2ベースで4―4の同点に追いついた。

 侍ジャパンは1―4で迎えた5回、先頭・甲斐(ソフトバンク)のこの試合2安打目となる中前打から山田哲(ヤクルト)も左前打で続いて先発・ゲラを降板に追い込むと、代わったばかりの2番手・アンドリースから菊池(広島)が四球を選んで1死満塁。ここで打席に入った3番・秋山が左翼線に走者一掃の二塁打を放って同点に追いついた。

 MLB選抜が3回にロサリオの左越えソロ本塁打で先制すると、侍ジャパンはその裏に菊池の内野ゴロで同点。MLB選抜が5回にサンタナの左越え3ランで勝ち越すと、その裏に侍ジャパンが3点取り返して同点と点の取り合いが続いている。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月9日のニュース