DeNAルーキー神里 1番で存在感 初回四球からプロ初盗塁

[ 2018年4月2日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA3―1ヤクルト ( 2018年4月1日    横浜 )

<D・ヤ>初回無死一塁、打者・桑原で一塁走者・神里が盗塁に成功
Photo By スポニチ

 打撃不振の桑原に代わって1番打者で初起用されたDeNAのルーキー神里が存在感を発揮した。

 初回の先頭で四球を選び、すかさずプロ初盗塁。3回の2打席目で左翼フェンス直撃の二塁打を放ち、筒香の一ゴロの間に先制ホームを踏んだ。「初回に出塁して盗塁できたのは良かった。1番定着を目指したい」。ラミレス監督も「期待通り。理想のリードオフマンになるポテンシャルがある」と評価した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月2日のニュース