田沢 2連続Kでピンチしのいだ「リードに助けられた」

[ 2018年4月2日 05:30 ]

ナ・リーグ   マーリンズ6―10カブス ( 2018年3月31日    マイアミ )

マーリンズの田沢(AP)
Photo By AP

 マーリンズ・田沢は5―6の8回から登板し、1死一、三塁のピンチを招いたが、2者連続三振で切り抜けた。

 「走者をためたのは反省だけど、それ以外は粘れた」とし、その裏にチームは一度は同点に追いついた。2三振はカーブと直球でともに見逃しで奪った。「調子がめちゃめちゃいいわけではないが、捕手のリードに助けられた」と控えめだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月2日のニュース