マテオ&ドリス虎残留へ 躍進原動力“最強コンビ”と大筋合意

[ 2017年11月25日 06:20 ]

阪神・マテオ
Photo By スポニチ

 阪神・四藤慶一郎球団社長は24日、マルコス・マテオ投手(33)、ラファエル・ドリス投手(29)の両助っ人右腕と来季契約について、「そうですね。(保留者名簿に)載せます」と大筋合意に達したことを明かした。

 当然ながら来季も必要戦力だ。来日2年目の両投手は今季、開幕から大きな離脱もなくフル回転。マテオは主にセットアッパーを担い、63試合に登板して防御率は2・75。セ・リーグトップの43ホールドポイントを挙げ、同僚の桑原とともに最優秀中継ぎに輝いた。

 ドリスは昨オフに、右肘をクリーニング手術。不安を解消したことで、クローザーとして昨季(34試合)の2倍近い63試合に登板した。37セーブを挙げ最多セーブのタイトルを獲得。防御率も2・71と好成績を残した。

 ともに150キロ超えの剛速球を持つ本格派右腕だが、ウイニングショットはマテオがスライダー系で、ドリスはフォーク。軌道の異なる球筋を投げ込むだけに攻略は容易ではなく、他球団の打者を圧倒し続けた。2位躍進の立役者だったことは、言うまでもない。

 不動のエース・メッセンジャーを含め、虎の助っ人投手陣は一級品。V奪回を目指す来季も、頼れる男たちはマウンドに君臨する。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年11月25日のニュース